そろそろお酒をやめてみませんか?

お酒を飲まないメリット1 睡眠の質の向上

睡眠の質が向上します。アルコールを摂取すると眠気が出やすくなります。その性質から、寝酒という習慣をつけている人も多いです。しかし、酔った状態では脳が興奮したままなのです。睡眠によいわけがありません。私が実感したのは、朝起きた時の爽快さです。習慣的に飲酒していたときは、目覚めが悪るく、2度寝することも多くありました。いまは、パッと目が覚めて、すぐに起き上がって行動ができるようになりました。

お酒を飲まないメリット2 支出の減少

お酒を飲まなくなって、目に見えて減ったのがお酒代です。コロナ禍で飲み会がなくなったのが一番大きいのですが、家でも飲むことがなくなりました。これによる、経済的負担の減少は顕著です。飲み会1回5000円、家飲み1回500円ぐらいなので、たいしたことがないとも思えます。しかし、年間に換算すると、20万円以上は支出していたと思います。

お酒を飲まないメリット3 時間の捻出

単純に「お酒を飲む時間」が減るだけではありません。お酒を飲んだ後の酔って何も手が付けられない状態や翌日の体調や気分の悪さ、このようなものとオサラバできるのです。お酒を飲むことよりも他のやりたいことに時間が使えるようになりました。もちろん、自分の時間の使い方次第ですが、私は有意義に使えようになったと感じています。

Be inspired by

「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

2021/09/04