HTTPとHTTPSとの違いは?

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)と、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)の違いは、わかりますでしょうか。

郵便物にたとえると、HTTPは「はがき」で、HTTPSが「封書」のようなもだといいます。

HTTPでやり取りする情報ははがきのように配達系路上の第三者がのぞき見したり、勝手に何かを書き加えたりすることができます。

一方、HTTPSの場合は暗号化されて封書のように中身が受け手以外には分からないようになり、安全です。

ただし、HTTPS通信の方がHTTP通信より安全ではありますが、100%安全ではありません。

通信がHTTPSであったとしても、通信相手が正しくないとデータを守ることができないからです。