上智大生の日記はおいくらですか?

ピックアップ

4年間の生活まとめる日記、上智大――1日分は4行、続けやすく

2021/08/25 日本経済新聞

サマリー

上智大学が紀伊国屋書店上智大学店と共同で、4年間の学生生活を1冊にまとめることができる日記を開発した。市販の連用日記の多くは3年、5年、10年単位で記録するが、これは4年単位とすることで大学生活の思い出をまとめられるようにした。価格は4231円。この日記は経済学部経営学科の小阪玄次郎教授が担当するゼミの一環として、商品化した。毎年異なる企業と連携し、1年間を通じて学生が新しい商品のアイデアを提案するという。

コメント

この記事を読んで、うちの子どもが小学生のときに、3年連用日記を書かせていたことを思い出しました。余白に親がコメントを書いたりして、交換日記風な運用をしていました。思い出としてとてもよいものだとおすすめできます。でも、記事にある商品は、価格が高いのでは。

ツブツブ

コロナの感染拡大が止まりませんね。リモートワークを週3ペースで続けていますが、社内でも感染者がちらほら出ているようで、出社するのが怖くなってきました。

2021/09/03