シニアがauでiPhoneを使う場合はいくらになるのか?

はじめに

70代の父がもつガラケーをiPhoneに変更したので、メモしておきたい。

私自身は格安SIMを使っているので、今回auのプランをあらためて調べました。予想外に大変でした。とても複雑なのです。しかも、頻繁に制度変更があるので、これからも時々チェックすることが必要です。

本当にとても分かりづらい。プランに「新」とか「N」とか付けるのはやめてほしい。これを高齢者が理解することは不可能なレベルだと思いました。

しばらく使ってみて様子をみたら、MNPで格安SIMへ移ることを検討しています。

変更前

まず変更前のプランについて。

auカケホ(3Gケータイ) 月額2,200円(税別)

https://www.au.com/mobile/charge/featurephone/plan/kakeho-k/

購入したiPhone

機種変更した機種
iPhone SE(第2世代)64GB 55,270円
3Gとりかえ割 ▲22,000円
合計 33,270円

かえトクプログラム適用
買取を依頼する予定はないが、年率0%で、23回分割+24回分割で支払いが可能となるので、申し込みました。

最初の23回:月額約300円(6,750円)
次の24回:月額約1,100円(26,520円)

https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/calling-option2/

変更後

変更後のプラン
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN) 月額2,980円(上限7GB時は+3,000円)
2年契約Nを適用(中途解約時は、契約解除料1,000円がかかる)
https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/new-pitatto-n/

通話定額2(国内通話24時間かけ放題) 月額1,800円
https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/calling-option2/

合計 月額約4,800円(MAXで約7,800円)

今後

100日後にSIMロック解除する。

MNPで格安SIMへ。解除料1000円+MNP転出手数料3000円。

 

2020/10/10