楽天ワクチンは誰でも予約できるのか?

ピックアップ

楽天のワクチン職域接種、横浜市民にも開放 – Impress Watch

サマリー

横浜市は、楽天グループが同社の本社ビル(東京都世田谷区)で実施している新型コロナワクチンの職域接種において、横浜市民も対象として協力したいとの申し出をうけ、9月3日からワクチン接種を実施する。対象となるのは満12歳以上の横浜市民で、1回目の4週間後の同じ時刻・場所で、必ず2回目接種が受けられる人。このうち12歳から15歳は保護者の同伴が必須となる。他の会場で1回目接種済みの人は対象外だという。

コメント

楽天の行っているビジネスは正直あまり評判がよくないですが、このような施策は企業イメージを上げるには効果的だと思います。ただ、おそらく、すぐに予約枠が埋まってしまうと思うので、予約が取れなかった人に対して通用しませんが。

ツブツブ

楽天市場はほとんど使いませんが、その他の楽天サービスはよく使っています。楽天銀行、楽天証券、楽天ポイントなどですね。楽天モバイルの回線も持っています。