プレアカウンティング(Pre-accounting)がいま話題となっている理由



プレアカウンティング(Pre-accounting)

近年、企業の財務部門を中心に「プレアカウンティング(Pre-accounting)」という概念が注目を集めている。これは、従来の会計処理の前段階で行われる業務を指し、領収書の収集やデータ入力、仕訳など、煩雑な手作業を自動化・効率化する取り組みである。

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進との関係

プレアカウンティングが熱い理由は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の流れと密接に関わっている。DXによって業務効率化が求められる中、これまでアナログな手法で行われてきた会計処理も例外ではない。プレアカウンティングツールを活用することで、業務の効率化だけでなく、人的ミスの削減やリアルタイムなデータ分析が可能になり、経営判断の迅速化にもつながる。

また、新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークが普及したこともプレアカウンティングの需要を後押ししている。クラウド型のプレアカウンティングツールを活用すれば、場所を選ばずに会計業務を進めることができ、業務の継続性も確保できる。

このように、プレアカウンティングは、企業のDX推進やテレワーク普及といった時代の流れに合致したソリューションとして、今後ますます注目を集めるだろう。会計処理の効率化だけでなく、経営の意思決定をサポートするツールとしても期待が高まっている。