ブラジル事業を売却したキリンビールに期待したいことは?(永井隆「サントリー対キリン」)

Sponsored Link

2014年11月に出版された「サントリー対キリン」を読みました。

ご存知の通り、この2社は統合計画が持ち上がり、準備を進めていたが、企業文化の違いにより破談に終わっています。

サントリーは「やってみなはれ」精神で有名です。

一方で興味深いのは、キリンビールです。

かつてキリンは、ビール業界の王者の地位を獲得し、我が世の春を謳歌していました。

しかし、アサヒビールのスーパードライにトップを取られました。

その後どのような道を歩んできたかを本書では知ることができました。

先週、キリンはブラジルキリンを売却することを発表しました。

3000億円で買収し、1100億円の減損損失を出した事業を、770億円で売るのです。

まだこれからやれること、やるべきこと、やりたいことはあったはずです。

進出するよりも、撤退する決断を出すことは難しいです。

このような決断を出せたこと自体に注目したい。

先週末の株価は1,893.50円でした。

株価の動きにも期待したい。

サントリー対キリン (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥864から
(2017/2/19 07:55時点)

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です