アップルウォッチを外してみたら?

ここ1年間使い続けてきたアップルウォッチを外してみた。
手元にあるとどうしても使ってしまうので、メルカリで売却した。
どうしても必要だと感じたら、新作のシリーズ5を買うという、ある意味、前向きな実験だ。

睡眠時もつけて、睡眠ログまで取っていたが、当然それもなくなった。
新着メールや着信通知もこなくなった。
今日で3日が経過したが、すごく不便だ。

アップルウォッチのおかげで、iPhone本体で各種通知をチェックするという習慣がなくなっていたのだ。
活動量計としても使っていたので、1日自分がどれだけ動いたのかもわからなくなった。
一時間ごとに立ちましょうという、しつこいくらいの通知もなくなってしまうと寂しいものだ。

気軽にタイマーが使えなくなったのも困った。
アップルウォッチのタイマーは、腕なのでバイブでも確実にわかることがメリットだ。
アラーム音をならさずに、自分だけがわかる。
タイマーをセットしたまま、どこに行っても大丈夫。
この安心感は大きい。

やっぱり、アップルウォッチ新作を買うことになりそうだ。

2019/11/16