10円コピー理論とは?

 

ネットビジネス進化論 / 尾原 和啓【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア

“コストが気にならなくなると、使われ方がガラリと変わることを、僕は「10円コピー理論」と呼んでいます。
僕の学生時代に、コピー代が1枚50円くらいから10円まで一気に下がりました。1枚50円だったときは、本当に必要なページだけを選んでコピーしていたのが、10円になったとたんに、ノートを全部コピーするようになりました。コピーが大量に手に入るので、「いいノート」の価値が高まり、ノートを売買するハブになる人間が出てきたほどです。

このように、コストが高いから余剰の市場ができていない分野があったら、コストが劇的に下がったタイミングで、まったく新しいタイプのプレイヤーが登場します”

抜粋:
ネットビジネス進化論 何が「成功」をもたらすのか
尾原和啓