エーピーカンパニーの今後の成長性は?(「「高いのがバレた」塚田農場、客離れ深刻で赤字転落…「地鶏」めぐり不当表示」)

ピックアップ

「「高いのがバレた」塚田農場、客離れ深刻で赤字転落…「地鶏」めぐり不当表示」

biz-journal

https://biz-journal.jp/2018/06/post_23592.html

要約

居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーの業績が悪化している。

2018年3月期決算は、売上高が前年比0.9%減の257億円、純損益が2.5億円の赤字(前期は1.2億円の黒字)だった。

客単価は下落の一途をたどっている。当初3800円に設定していたが、16年ごろには3500円にまで低下した。

塚田農場が高価格ゆえに不振に陥っている面があるとみて、客単価が2000円程度という低価格の焼き鳥居酒屋「やきとりスタンド」「やきとりスタンダード」を新たに開発したが、普及は進まず、両業態の店舗数は現在約10店にとどまっている。

一方で、高価格帯の新業態「焼鳥つかだ」の1号店を中目黒にオープンした。佐藤可士和氏が店舗の外装やインテリア、食器などをデザインしており、ブランド立て直しの第一歩としたい考えだという。

ひとこと

塚田農場は、来店回数に応じて肩書が変わる「名刺システム」が話題になりました。私も数回訪れたことがありますが、スタッフも気さくでとても良いイメージがありました。

しかし、あれから数年が経ち、厳しい状況にあります。そんな中で、大きなダメージを受けたのが「景品表示法違反(優良誤認)」です。

ある意味、これからの展開が期待されますね。

あとがき

卓球の愛ちゃんが、現役引退を発表しました。

まだ30歳になっていませんが、3歳からなので、卓球歴は25年以上。

お疲れ様でした。

2018/10/27