「社長のおくりびと」が薦める個人による事業承継とは?(奥村聡/個人でできる「事業買収」入門)

ピックアップ

「0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円~個人でできる「事業買収」入門~ (光文社新書) 」

奥村聡

要約

日本にある会社の99.7パーセントは中小企業である。

その多くが抱えている問題が「後継者不在」。社長は高齢化しているものの引き受け手のいない会社が、日本には127万社も存在する。

会社という、人脈やノウハウ、ブランドを持つ「資源」をリサイクルし、未来へ繋ぐ。自らも安定した収入を得て、一国一城の主として自由を手に入れる。個人が幸福なキャリアを追求することで勝手に社会課題の解決に繋がる、おいしい一石二鳥を叶えるのが「事業買収」だ。

個人でも用意できる金額で会社を買い、社長として成長させるための秘訣を「社長のおくりびと」の異名を持つ著者が伝授する。

<目次>
第1章 「絶滅危惧社」を買ってみよう
第2章 「ダイヤの原石」を探してみよう
第3章 「おいしい会社」を手に入れよう
第4章 会社を買う値段を決めてみよう
第5章 分社手法で買える会社を増やそう
第6章 オーナー社長を口説き落とそう

ひとこと

個人による会社買収というコンセプトが新しく、興味深い本でした。

しかし、著者がいうようなサラリーマンが簡単に実行できるような内容ではありません。会社の値段を付けるのだって、ある程度の専門知識が必要です。

一番おいしいのは、著者のようなアドバイザーという立場ではないでしょうか。

この本からの収穫は、「Batonz(バトンズ)」というサイトの存在を知ったことです。事業売買のマッチングサイトです。いろいろな事業が売りに出されています。

たとえば、「中古カメラをリメイクし、ECサイトでアメリカ輸出事業」が150万円、「浅草の体験型たい焼き店」が300万円で、どちらも成約済みとなっています。

https://batonz.jp/

https://office-okumura.jp

あとがき

10連休のゴールデンウィークですが、とくに予定もなく、自宅でのんびりしています。

いまマイブームとなっているのは、「〇〇ペイ」によるキャッシュレス払い。Paypay、Lineペイに続いて、メルペイも導入して使ってみました。

メルペイは、メルカリで商品を売って得たお金をそのまま使うことができます。いままでは出金手数料が無料になる1万円まで貯めていたのですが、これで随時支払いに使うことができます。

GW中は 、50%還元となるメルペイのキャンペーンがお得です。