4000万人もいるシラファーって誰のこと?

ピックアップ

酒本位に「げこくじょう」――ノンアル社会、下戸が主役(ヒットのクスリ)

2022/03/25 日本経済新聞 朝刊

サマリー

ノンアルが普及し始めたのは2009年。道交法の改正に伴う飲酒運転の罰則強化を受け、キリンビールがノンアル・ビールテイスト飲料「キリンフリー」を発売したのが起点である。新型コロナウイルス下で飲酒シーンが激減すると、下戸を中心に「飲めなくても楽しめる」場をつくりたいという主張が強まり始めた。酒を飲まない人たちのことを最近では「シラファー」(しらふの変形、海外では「ソーバーキュリアス」)と呼ぶ。シラファー文化づくりに声を上げたのが4Inc.(東京・世田谷)代表取締役の小石川泰弘氏だ。ノンアルコール飲料のプロデュースなどを通じ、新たな文化の発信に動き始めたという。

コメント

酒を飲めない、または飲まない人は4,000万人もいるそうです。彼らをシラファーと呼び始めたようです。「ソーバーキュウリアス」という単語は私の中では定着しましたが、「シラファー」という単語は初耳でした。変なカタカナ造語なので、個人的には使いたくないですが、このような動き自体は歓迎したいと思います。

ツブツブ

キリンホールディングスの株主総会が3月30日に芝公園のザ・プリンス パークタワーで開催されます。ネットライブでの配信もありますが、久しぶりに会場に足を運ぼうと思っています。近くに美味しいトンカツ屋さんがあるので、帰りに寄るのが目的でもあります。