有限責任監査法人の供託金は一人あたりいくらか?(「4大監査法人18年度決算、3者が経常減益、AI負担重く。」)

ピックアップ

「4大監査法人18年度決算、3者が経常減益、AI負担重く。」
日経新聞

要約

 2018年度の決算では、EY新日本監査法人など3者が前の年度比で経常減益だった。人工知能(AI)の活用に向けたシステム投資や人件費上昇などの負担が重くなっている。
 「EY新日本」の経常利益は、9億円強と前年度比で6割減。人材獲得に向けて会計士の報酬の引き上げを進め、AI監査の実用化に向けたシステム開発費もかさんだ。
 「あずさ」は1割減益。
 「トーマツ」の経常利益は8億円弱と4割減少。IT分野のエンジニアやデータサイエンティストといった新たな専門人材の採用を増やし、サイバーセキュリティー対策強化などの費用は3割強増えた。
 「PwCあらた」は増益。負荷軽減に向けた人員採用などが一服した。

ひとこと

監査報酬は増加傾向にあり4者とも増収となったとのこと。そもそも、監査法人の決算書を見たことがありませんでしたので、今回、検索してみました。

EY新日本監査法人
https://www.shinnihon.or.jp/about-us/our-profile/stakeholder/
第20期 業務及び財産の状況に関する説明書類

面白いのは、被監査会社の名称が数ページにわたって羅列してある点や供託金制度というものがあるところ。EY新日本では、10億円を供託しています。この金額は、社員数532名x@200万円で計算されています。

また、EY新日本監査法人の計算書類は、東陽監査法人が監査しているんですね。

あとがき

今年も新型iPhoneが発表されました。興味はありますが、金額的に手がでません。

毎年最新のiPhoneに買い換えていたころが懐かしいです。

iPhone6sまででしょうかね。