電車料金はなぜ中学生から大人料金になるのか?(子供料金の謎)

JRの料金区分は4つ

JR東日本では、4つに料金区分が分かれています。

「大人・子供・幼児・乳児」です。

ここでは、基本的に乗車運賃が無料になる「幼児・乳児」についての記載は割愛します。

また、JRでは「大人・子供」をひらがなで表記(「おとな・こども」)していますが、ここでは分かりやすく漢字表記で統一します。

中学生から大人料金となる

「大人 12歳以上」「子供 6歳~12歳未満」という区分になっています。

しかし、例外的にですが、12歳であっても小学生であれば「子供」となります。同じように、6歳であっても小学校入学前であれば「幼児」の扱いとなります。

したがって、大人料金か子供料金かの区分が分かれるのは「中学生になる4月1日から」ということになります。

なぜ中学生からなのか

ここで疑問に思うのが、なぜ中学生からなのかという点です。

結論から言うと、子供料金という制度自体の趣旨は一律に決まっているわけではありません。

しかし、次のような説があると言われています。

「中学生ぐらいになると体が大きくなって座席・場所を占有するから」

「戦前は義務教育が小学校までだった名残から」

「子育てにかかる負担を減らすため」

「社会全体で次世代を育てる費用を負担するため」

不正乗車がなくらない

中学生になっても、子供料金で乗っている人は多いようです。体つきが大きくなければ駅員から止められることもないからでしょう。

また、最近は自動改札機なので、駅員が見ていること自体も減ってきました。

しかし、これは不正乗車になります。

不正乗車をしている本人にはそこまでの自覚がないかもしれません。

このようなことが起きている背景には、なぜ子供料金というものがあるのか、なぜ小学生までなのかが、社会全体で認知されていないことも一因だと思います。

映画館やボウリング場とは違い、誰もが使う公共交通機関なのですから、もっと身近なものとして考える必要がありますね。

ひとこと

毎年、春ごろになると、このページへのアクセス数が増加します。

「電車料金はなぜ中学生から大人料金になるのか?」は、多くの人が疑問に思っていることなのですね。

残念ながら、明確な答えはありません。でも、ルールに必ず根拠が必要なわけではありません。

社会全体でルールを守ることが大切だと思っています。