なぜ象印のトースターを選ぶのか?(こんがり倶楽部 新型ET-GN30と旧型ET-GM30)

「こんがり倶楽部 ET-GM30」 を買おうと思っています。

2年以上前の発売品(2017年9月発売)ですが、当初12,000円以上したものが、2020年1月現在は9,000円程度まで下げています。バルミューダと比べると半額です。

と、思っていたら、後継である新型の「ET-GN30」が、2019年8月に 発売されていました。こちらも2020年1月現在で9,000円程度。価格からもわかるとおり、機能は変わっていないようで、旧式のET-GM30との違いは外見の色だけのようです。ネットで検索しても、レビューは旧式のET-GM30のほうが多いですね。

https://kakaku.com/item/K0001184268/

<公式サイト>
https://www.zojirushi.co.jp/syohin/oven-toaster/etgn/index.html

<参考記事1>
象印、温度調節で“サクふわ”なトーストが焼けるマイコンオーブントースターhttps://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1075318.html

<参考記事2>
これまでにない食感を実現した象印のトースター「こんがり倶楽部」は何が違うのか
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/newtech/1083945.html

<参考記事3>
コスパ重視派に朗報! 象印の「こんがり倶楽部 ET-GM30」は家族みんなで使える多機能トースターだった
https://www.syokuraku-web.com/column/20995/

<参考記事4>
連載:家電の賢人・奈津子のイチオシ家電②
http://www.concent-f.jp/energy/goods_02



h

2020/01/12