Windows95を開発した日本人の仕事術とは?(中島聡「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」)

Sponsored Link

なぜ、あなたの仕事が終わらないのか

「なぜ、あなたの仕事が終わらないのか」をAmazonの読み放題(Kindle Unlimited)で読んだ。タイトルにかなりドキッとさせられる。でも、書店で見かけたときは、よくあるキャッチ―なタイトルだけで中身は既存のビジネス書と大差なさそうに思い、やり過ごしてしまっていた。

ウィンドウズ95の開発者

本書の特徴は、著者が持っている経歴だろう。米国のマイクロソフト本社でウィンドウズ95の開発を担当していたと聞けば、さぞ優秀に違いないと推測できる。著者は謙遜しているが、本書の前半は優秀さが伝わってくるエピソードが満載である。

著者の経歴を深く知りたい人以外は、この部分は適当に読み飛ばしてもいいと思った。自分のような凡人にでも参考になるとすれば、後半に書いてあることだろう。

ロケットスタート時間術

著者は自分の仕事術を「ロケットスタート時間術」と名付けている。「ラストスパートをかける」とは反対の思想といったほうが理解しやすいかもしれない。

仕事に取り組む始めた段階で、できるだけ一気に作ってしまおうという考え方である。仕事の提出までの期限を早めてしまうのではなく、取り掛かりを前倒しにするのだ。与えられている期間のうち、最初の2割の期間で、8割を達成することを目指す。

集中力の出し方

もうひとつ印象に残ったのが、「集中しないといけない仕事はするな」ということ。通常のビジネスマンであれば、集中できないことに悩むことが多いと思う。

でも、そのような考え方は根本的に間違っているという。喜んで自分から楽しめる仕事を選ぶべきである。そうすれば、おのずと集中してしまうのだ。集中力は好きだからこそ自然に出るという。

スピードよりも、まずは動くこと

本書の最終章は、著者の熱い気持ちがひしひしと伝わってくる。読んでいると、何かに動かされてしまうような気持ちになる。スピードも大事だが、とにかく動かないことには始まらない。

以上

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です