中学生のソフトテニス・ラケットはどう選べばいいのか?

最初は「オールマイティー(オールラウンド)」ラケットを選ぶ

ソフトテニスは2名1組でプレーをします。それぞれ、前衛(ネットに近い)と後衛(ネットから遠い)というポジションに分かれます。

それに合わせて、ラケットも前衛用と後衛用とでタイプが分かれます。

しかし、入部してから2カ月ぐらいは、自分がどちらを担当するのか分かりません。

監督やコーチが選手の適性やチームのメンバーバランスを見て、前衛をやるのか後衛をやるのかを決めるからです。

ということで、1本目はオールマイティー・タイプを選ぶのがベストです。

相場の目安は 7,000円です。(ガット張上げ済)

ヨネックスでいうと、MUSCLE POWER(マッスルパワー)シリーズが該当します。

しかし、このオールマイティーなラケットを使うのは半年から1年ぐらいと考えてください。

2本目からはポジションにあったラケットを選ぶ

前衛の場合はボレーなどネットプレーが中心になります。また、後衛の場合は遠くから打つストロークが中心となります。

したがって、前衛の場合はラケットの面が大きいもの、後衛の場合はパワー重視の硬いラケットが適しています。

相場は、20,000円です(別売りのガット等を含む)。1本目の2倍以上の値段となりますので、慎重に選びましょう。

ヨネックスでいうと、NEXIGA(ネクシーガ)シリーズが該当します。ネクシーガは、脱入門者から上級者向けまで幅広いモデルを用意しているシリーズです。

参考サイト

【ヨネックスのラケット・シリーズ一覧】http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/racquets/series.html

ラケットの型番の数字の後ろにある「V」は「Volley(ボレー)」で前衛用です。「S」は「Stroke(ストローク)」で後衛用。

https://wakesportsuwa.jp/springcampaign-2015-2/

https://www.tatumisp.co.jp/?tid=3&mode=f1