セルフメディケーション税制は本気で普及させたいのか?(「鼻炎薬、鎮痛剤… 年間1万2000円超なら税金が戻る 」)

ピックアップ

「鼻炎薬、鎮痛剤… 年間1万2000円超なら税金が戻る 」

NIKKEIプラス1

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27497240Y8A220C1W07000?channel=DF260120166522

要約

医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できない。

医療費全体が18万8000円を超えていれば医療費控除が有利だ。

17年分の確定申告は15日が期限だが、医療費控除など払いすぎた税金の「還付」は5年間いつでも申告できる。

ひとこと

セルフメディケーション税制を知らない人が多いようです。

私は、昨年、ドラッグストアのレシートに「★マーク」が付くようになって知りました。

ということで、せっせとレシートを集めてみたのですが、結果的に1万2千円を超えませんでした。

なんだか手間ばっかりで、損した気分です。

これなら知らないままだった方がよいのでは、と思ってしまいます。

もし、3万円分の薬を買ったとしても、1万8千円×税率20%=3600円ですからね。

あとがき

コカ・コーラ社が缶チューハイを発売するというニュースが飛び込んできました。

注目すべきは、日本限定だということです。

飲み物という点では同じですが、清涼飲料とアルコール飲料では取り扱いがまったく異なります。

ゼロからどう作り上げていくのか、とても興味深いところです。

Sponsored Link

コメントをどうぞ