過去の自分を認められるか?(「世界にひとつのプレイブック」)

Sponsored Link

若いときの過ち

誰だって若いときに過ちを犯してしまうことはあるだろう。過ちの大きさは人それぞれだろうが、自分自身の心の中にはその重さが残っているはずだ。

でも、大切なのはいまだ。過去の過ちを含めて、いまの自分があることを認めよう。反省すべき点は反省し、直すべきところは直してきたからこそ、ここにいるのだから。

Be inspired by

映画『世界にひとつのプレイブック』

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です