東京ミッドタウン日比谷で働いているのはどこの社員か?(オフィステナント入居企業一覧)

東京ミッドタウン日比谷

2018年3月29日に東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区有楽町一丁目1番2号、正式名称:東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー)がオープンしました。

わたしが興味を持ったのは、ショップや飲食店などではなく、あのタワーの上層階に入居している企業です。

35階建てのタワーののうち、9階から34階がオフィスフロアとなっています。なお、9・10階はロビーなので、基準階は24フロアと推定されます。

都心の最新ビルに入居できるような財政的に余裕のある会社はどこなのでしょうか。

主要テナント企業は3社

旭化成株式会社
https://www.asahi-kasei.co.jp/

株式会社ファーストロジック ※33階
https://www.firstlogic.co.jp/

EY JAPAN
https://www.eyjapan.jp/

旭化成

旭化成は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う会社です。

東証一部上場企業です。

旭化成の本社は、2008年までこの東京ミッドタウン日比谷の所在地にあったビルにありました。

日比谷を再開発するにあたり、神田神保町に移転していたのです。

1950年から50年以上も本社を構えてきた場所に10年ぶりに戻ってきたというわけですね。

グループ全体の従業員数は3万3千人です。そのうち、約1600人が本社で働いています。

<参考文献>

プレスリリース
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2016/ze170207.html

有価証券報告書(2017年3月期)
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/ir/library/financial_report/pdf/126j_0628.pdf

ファーストロジック

わたしにとって、ファーストロジックは初めて名前を聞いた企業でした。

設立は2005年。2015年に東証マザーズ上場、2016年2月に東証一部へ昇格した新興の不動産関係の会社です。

不動産投資のポータルサイト「楽待(らくまち)」を運営しています。現在は、会員数9万人、掲載物件数6万件の規模です。

主に物件を掲載する不動産会社からの手数料収入で稼いでいるようです。

なんと従業員数は、45人だけです。

<参考文献>

有価証券報告書(2017年7月期)

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2601217

社員ブログ(オフィス内の画像あり)
https://www.firstlogic.co.jp/blog/lab/nakagawara/8929

EY Japan

EY Japanは、EY(アーンスト・アンド・ヤング)の日本におけるメンバーファームの総称で、中核としては、新日本有限責任監査法人(7月からEY新日本有限責任監査法人へ名称変更)、EY税理士法人があります。

EY Japanでは、約7000人がこのミッドタウン日比谷で働くとのことです。

ちなみに、新日本有限責任監査法人は、同じ東京ミッドタウン日比谷の住人であるファーストロジックの会計監査人になっています。(旭化成の会計監査人は、PwCあらた有限責任監査法人)

<参考文献>

https://www.eyjapan.jp/newsroom/2018/2018-01-31-01.html

あとがき

ミッドタウン日比谷には、自転車通勤ワーカー向けの高級スポーツ自転車専用の駐輪場も設置されているようです。

少々値段が高いですが。

https://www.mf-realty.jp/news/2017/20180305_01.html

Sponsored Link

コメントをどうぞ