ランチパスポートは本当にお得なのか?

ランチパスポートの流行

まだランチパスポートが流行っているとは思いませんでした。最初にランチパスポートが始まったのは、いまから2,3年前ぐらいではなかったでしょうか。まだ、そのときはオフィスのあるところがエリア外だったので、いいなぁと羨ましく思ったことを記憶しています。本屋で平積みになって、たくさん並んでましたからね。

3組続けてランチパスポート

先日、久しぶりに駅近くでランチをしました。平日なのでビジネスパーソンがほとんどです。たまたま入ったお店で、なんとあとから来た3組が連続してランチパスポートをもっての来店でした。それを見て思い出したわけです。

でも、もともと単価の高いお店ではなかったので、そこのお店がそのようなサービスを提供していることに驚きました。さらにビックリしたのが、来店した3組目が男性同士だったことです。

ランパス本を小脇に抱えて

少し偏見かもしれませんが、大の男が小脇にランパス本を抱えてくる姿は違和感があります。自分としては割引を使うことが恥ずかしいのではなく、スマホ時代にわざわざ本を持っていってまでという時点で面倒と思ってしまいます。

周りの視線

確かに値段的にはお得なのかもしれませんが、それ以上に、周りからそういう姿をどう思われるかと考えるとためらってしまいます。

ランチパスポートのアイデア

ランチパスポートのアイデアはとても面白いと思います。現在アプリ版も出ていることも知っていますが、それでも使ってみようとは思えないのは、自分が中年になってしまったからなんでしょうかね。



Sponsored Link

コメントをどうぞ