会社四季報の創刊号を見てみたくないか?(「漫画インベスターZは投資の世界で通用するのか?投資歴30年のプロに聞いてみた。」)

ピックアップ

「漫画インベスターZは投資の世界で通用するのか?投資歴30年のプロに聞いてみた。」

QOL HACKS

https://qolhacks.com/investorz-interview

要約

四季報を読む人はほとんどいなくなった。

根強い人気があって比較的高齢者の人は使ってますけど、もうお金を使わなくても情報を見れる時代になったからだ。

会社のホームページを見てIR情報を確認するのが主流となっている。

四季報に書かれている情報は重要ですが、もう四季報で確認する必要性がなくなっているのが現状だという。

ひとこと

kindleで安売りしていたことがきっかけで、漫画「インベスターZ」の1巻から21巻までを、まとめ読みしました。

私が一番興味を持ったのは、インベスターZ(第12巻)の「会社四季報」のエピソードです。

「会社四季報」をぱらぱらとめくることはあっても、その歴史に思いを馳せたことはなかったからです。

80年以上も前に創刊されてから、なおいまも発刊し続けている特異な雑誌です。このような雑誌の存在は、日本だけだと言います。漫画の中では創刊号も登場します。

PC時代となった今、四季報不要論がある一方で、四季報マニアも確実に存在しています。12巻の巻末には、四季報マニアである渡部清二さんのインタビューがあります。

渡部清二さんが書いた「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」という本が出版されているようですので、さっそく読んでみたいと思います。

あとがき

Googleフォトで、写真の保存が無制限であることは知っていましたが、動画の保存も無制限になっていたことは知りませんでした。

さっそく、動画のバックアップ先として使うようにしました。いままで悩んでいたのが、動画の保存先でしたので、これはとても嬉しいですね。

子どもの小さい頃の動画を見返す、いい機会にもなりました。

マイブーム

ハピタスでの小遣い稼ぎがマイブームです。楽天やYahoo!などのネット通販で買い物をする前に、ハピタスを経由するだけでポイントが貯まります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス