減損会計を理解するためにどの資料を読めばよいか?

Sponsored Link

資料

わかりやすい解説シリーズ「減損会計」(PDF 16ページ)

https://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/commentary/asset-impairment-account/pdf/asset-impairment-account-all-03.pdf

「減損会計」(PDF 33ページ)

https://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/commentary/asset-impairment-account/pdf/asset-impairment-account-02-all.pdf

概要

減損会計は、企業が行った投資額が回収できなくなるという見積りをタイムリーに財務諸表に反映するための会計処理。

資産のグルーピングをするうえで大切なことは「キャッシュを生み出す最小の単位であるか」、「キャッシュ・イン・フローが相互補完的か」の2点。

回収可能価額とは、①使用価値と②正味売却価額のいずれか高い方の金額である。

ひとこと

入門者に「減損会計」を説明する際に参考にした資料です。

分かり易くまとめられており、PDFでダウンロードできるので、市販の書籍を買うよりおススメです。

減損会計で重要となるポイントは「資産のグルーピング」と「回収可能価額の算定」です。

グルーピングの単位をどう決定するか、使用価値をどのように見積もるか、会社の意思を反映することができるのです。

つまり、やり方次第で減損を逃れることも可能ですし、減損して身軽になることも可能です。

「絶対的に正しい処理」が一つだけあるわけではないことを理解してもらうことも大事です。

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です