天丼による胃もたれを解消するには?(胃もたれの原因と解消方法)

Sponsored Link

天丼による胃もたれ

久しぶりに胃もたれを経験しました。原因は、お昼にちょっと欲張って食べすぎた天丼だとは分かっていたので、胃もたれだなと気づいたときに太田胃散を飲みました。それでも、症状は夜9時過ぎまで解消しませんでした。この際だったので、胃もたれについて調べてみました。

ちなみに、胃もたれを英語では「heavy stomach」や「weigh heavy on one’s stomach」というようです。

胃もたれとは

胃もたれとは、胃が重く感じるなど胃の不快感を表わす言葉です。あくまで症状の一つであり、病気ということではありません。食べ物の消化が追いつかず、胃の中に残り続けてしまうことから生じています。

胃もたれ解消法

解消するためには、胃を休ませるのが一番となります。胃を休ませるためには、食べ物をまったく食べないか、消化の良いのものや消化が促進されるものを取るとよいです。

消化の良いものの代表選手としては、おかゆやうどんが挙げられます。消化を促進させるものとしては、大根、キャベツ、りんごなど。

でも、胃もたれしているときに、いくら胃もたれ解消法といえでも、食べたくないものです。その場合、リンゴジュースでもよいし、キャベツとリンゴをミキサーにかけてジュースにして飲んでも大丈夫です。

胃もたれの原因

暴飲暴食、つまり食べ過ぎが直接的な原因ではありますが、疲労やストレスも一因となるようです。私の場合も寝不足だったということも原因として重なりました。

疲労やストレス解消には、ゆっくりとぬるめのお風呂に入って、リラックスするのが効果的です。しかし、これは家に帰ってからのこと。

出先では、まず胃腸薬を飲むのが一番だと思います。今回は常備薬である太田胃散のお世話になりました。持ち歩いてて助かりました。

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です