仮想通貨ビットコインとイーサリアムはどちらを購入すべきか?(「仮想通貨2位イーサリアム、国内で決済可能に」

ピックアップ

「仮想通貨2位イーサリアム、国内で決済可能に」

2017/9/29 11:47日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGD28H43_Z20C17A9MM0000/

要約

仮想通貨取引所を運営するリミックスポイントは世界2位の仮想通貨「イーサリアム」による決済サービスを飲食店や小売店向けなどに提供を始める。

イーサリアムの時価総額は約3兆円と、流通量が世界首位のビットコイン(約7兆円)に次ぐ。

ビットコインに比べて取引完了にかかる時間が短いのが特徴だが、国内では投資目的や海外送金などに利用がとどまっていた。海外ではすでに米国などで実店舗で決済に使われている。

実店舗での仮想通貨の決済はビットコインが先行しており、国内では昨年末時点で4000店舗以上が導入しているという。

ひとこと

やっと【GMOコイン】の口座開設が完了しました。

欲しかったビットコインは、すでに最大手の【bitFlyer】で購入してしまいました。

しかし、せっかく口座を開いたので【GMOコイン】ではイーサリアムを買うことにしました。

ビットコインとイーサリアムの技術的な違いはいろいろあるようですが、私が関心をもったのは、考案者が明らかにされている点です。

イーサリアムの考案者はヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)というロシア生まれの若い青年です。

ネットで検索すると、何度か来日しているようで顔写真も出ています。

誰もが彼を天才と認めているようです。

あとがき

熱海の温泉に行ってきました。

熱海といえば、泉ピン子さんが住んでいることが有名です。

タクシーの運転手さんがあそこのマンションですよと教えてくれたぐらいです。

帰りは、来宮神社によって樹齢2000年の大楠をみてきました。

Sponsored Link

コメントをどうぞ