DDホールディングスの松村厚久社長の何がすごいのか?(小松成美「熱狂宣言」)

ピックアップ

「熱狂宣言」

小松成美

要約

「ダイヤモンドダイニング」の創業社長・松村厚久。

「フード界のファンタジスタ」「食とエンターテインメントを融合させた天才」「レストラン業界のタブーに挑んだ男」と絶賛される一方、特異な経営方針や出店計画の度重なる見直し、他にはない個性的なコンセプト主義を表して「異端児」「無計画経営者」「目立ちたがり屋」「ビックマウス」と揶揄されることも少なくない。

高知から上京、サイゼリヤでのバイト、ディスコの黒服、日焼けサロン経営を経て外食業界に参入した松村は、奇跡の100店舗100業態を達成。

2015年7月には、東証一部上場を成し遂げる。

しかし、彼は熱狂的に働きながら、「若年性パーキンソン病」という過酷な病と闘っていたのだった。

ひとこと

先日読んだ「居酒屋チェーン戦国史」で取りあげられていたので、さっそく読んでみました。

「外食」の経営者として、とても熱い人だということが分かります。100店舗100業態という偉業をやったのが一番すごいこと。

ダイヤモンドダイニングの運営するレストランにはまだ行ったことがないのですが、現在はアミューズメント事業も手掛けているようで、今後も成長余力がありそうです。

今回、「熱狂宣言」が映画化されたということで、ぜひ観てみたいと思いました。

あとがき

Yahoo!Japanのクレジットカードを申し込みました。

入会特典キャンペーンとして、過去にないレベルの大盤振る舞いをやっています。

作るだけで5,000円+利用3回で6,000円=合計11,000円相当のポイントを獲得できます。

メインで使っていく予定はないので、純粋に入会特典狙いでの申し込みです。年会費無料なので、持っておいて損はないでしょう。

さらに、いまならポイントサイトの「ハピタス」を経由して申し込みすると5,700円もお得になりますので、これはおススメです。