ビールのCMに出演する俳優に共通点はあるか?(「役所広司はなぜ「ビール俳優」になったのか?」)

ピックアップ

「役所広司はなぜ「ビール俳優」になったのか?」

AERAドット

https://dot.asahi.com/dot/2018051400013.html

要約

役所広司(62)がアサヒビールの新商品「アサヒ グランマイルド」のテレビCMに出演している。業界関係者の注目を集めているのが、役所の「ビール俳優」という側面だ。

役所といえばこれまで、サッポロビール「ヱビスビール」やキリンビール「一番搾り」のCMに出演してきた。一番搾りのCMには2000年、2014年と2回出演している。

ビール人口が多い日本において、そのCMといえば各企業の顔となる。それを3社にまたがって起用される人は実は珍しい。

言うまでもなく、役所は日本最高峰の役者である。好感度の高さからも今後もCMへの起用は続くだろう。

ひとこと

先日、DVDでTVドラマ「陸王」を見てから、役所広司さんがとても気になり始めました。

私の中で役所広司といえば、長らく「Shall we ダンス?」の人だったのです。そんな役所さんが「ビール俳優」と呼ばれる存在だったと聞いて、驚きました。

確かにYoutubeで観ると、ヱビスや一番搾りのCMに出ていたことを思い出します。

商品のターゲット層に訴求力がある俳優を起用したいと考えると、あまり選択肢がないということでもあります。

福山雅治、イチロー、矢沢永吉。

ビール俳優の共通点は、「とにかく美味しそうに飲んでいる」ように見えることですね。

あとがき

Youtubeで昔のCMを見ていると、時間を忘れて見入ってしまいます。

小中学生の頃に流れていたCMを見ると、とても懐かしくなります。

普段はまったく思い出すことはないのに、見た瞬間に周辺の出来事を含めて思い出します。人間の脳の凄さを感じますね。

Sponsored Link

コメントをどうぞ