Appleウォッチの仮面マークは何なのか?(「シアターモードで劇場でのマナーを守る」)

ピックアップ

「シアターモードで劇場でのマナーを守る」

Apple公式ガイド

https://help.apple.com/watch/?lang=ja#/apddfca28d21

要約

映画やコンサートなど、会場が暗くなるイベントでは、Apple Watch のシアターモードをオンにすると、手首を上げても画面が点灯しなくなります。消音モードも同時にオンになります。触覚による通知は通常通り行われます。

シアターモードをオンにする: 文字盤の下部から上にスワイプしてコントロールセンターを開き、「シアターモード」ボタン をタップします。シアターモードがオンのときは、シアターモードのステータスアイコン が画面上部に表示されます。

シアターモードがオンのときに Apple Watch のスリープを解除するには、ディスプレイをタップするか、Digital Crown またはサイドボタンを押します。

注記:Apple Watch Series 2 以降では、Digital Crown を回すと、画面がだんだんと明るくなります。

ひとこと

公式ガイドを読んで、あの仮面マークのアイコンが「シアターモード」だったことを知りました。

使ってみてはいませんが、なんだろうなと思っていました。

もう少し分かりやすいアイコンにしてほしかったところです。

あとがき

会社帰りにファミレスでコーヒーを飲んで休憩してきました。

さあ、帰ろうとレジに向かったところ、前で支払いをしていたお客さんがトラブって(注文内容の相違?)、予想外に会計に時間がかかってしまいました。

でも、トラブっていたお客さんが後ろにいる私のほうに顔を向けて、すみませんと言ってくれたため、こちらも気分よく待つことができました。

ひとことの大切さをあらためて知った日でした。

Sponsored Link

コメントをどうぞ